未分類

VPS or Cloud or レンタルサーバー

投稿日:

2017.3.21追記:以下の「Web App + SQL」は1リージョン(1地区:西日本とか東日本とか東アジアとか)に1つのDBしか作成できないとの事。
何度もインスタンス作成に失敗してはまってしまった・・・(涙)

 

以下は自分用のメモです。

誰の参考にならないと思います。
2日前、以下の悩みを抱えててそれを同時に解決しようとしてハマりました。
現段階でまだ解決したわけではないですが、書きながら思考を整理しようと思いメモを残しています。

いきさつ

・Google検索にてSSLを導入してないと検索結果が下がるらしい。→サイトのSSL化をせねば。
・Bl.ocks.org 等のD3.js系リポジトリから自由にデータを取得できるAPIエンドポイントを作りたい。(自前サーバーで)
・WordPressの整理をしたい。
・ブログ書くモチベーション上げたい。

よく考えれば上記は別々の解決手段になるはずなのですが、当時(2日前)は混乱してました。

ひとまず手探りで試してみたのでメモ。

環境は.Net + SQL Databaseが使えることを目標としてました。

Cloud:

Azure

自分の普段使い慣れたツールがVisualStudioなのでAzureから調査を開始。

見るたびにUIが変わりボタンやアイコンが増えて、
今回の久しぶりに入ったAzureのポータルには様々なアイコンが並んでいて軽くめまいを起こしました。
しかし、しばらく悩みながらじっくり眺めていると、機能でグルーピングされている事に気づきました。

・アプリ公開用(Paas?)
・仮想マシン(Iaas)
・データベース(SQL Serverの機能だけ)
・各種確認(請求やリソース)

ざっくりと分けると上の4つで、あとはDockerやFunctionsなどがありそうですが、ひとまず見なかったことにします。

ひとまずAzureで何ができるのか?を知りたかったので、App Serviceから試してみました。
選択肢がいろいろありますが、ひとまず無料のF1 Freeを選択。
SSL対応で独自ドメインだと毎月5700円と個人にはかなり厳しい世界です。

いったんApp Serviceを作ってしまえばVisual Studioを使えば深く考える事なくサーバーへ公開ができました。 

データベースも使う予定ならば、「Web App + SQL」を選んで作成すればよいと思います。
(App ServiceとSQL Databeseがセットになっている。)これだと0円から開始することができます。

AppService、SQL Database単体でも契約可能だが、SQL Databeにフリープランが無いようなので、「Web App + SQL」の方がお得かもです。

SQL Database

SQL Serverはプランによって月額0円、7000円、数万円とかなりかかるので注意。

以下の計算ツールで概算計算が可能
料金計算ツール | Microsoft Azure 

SQL Databaseはローカル環境のSSMSからも使用できたのでよかった。
ただし住んでいるところから遠いサーバーを選んだら操作がかなりもたつく。

西日本:表示にちょっとタイムラグがある感じ。
東アジア:表示に3秒ほどかかる。操作もかなりもたつく。

VPS

LinuxベースのVPSはサーバーのメンテに忙殺されるので避けたい。
Windowsベースでもサーバーの守りはしたくないがやむなし。

さくらのVPS for Windows
さくらのVPS for Windows Server

W768とW1Gとで値段が倍というのがちょっと納得いかない。
ひとまず最安のW768を試してみる。

サーバーの準備が整っとところでリモートデスクトップで入る。
ひとまずSQL Serverが動くのか否かを試してみたかったのでExpressをインストール。

SQL Server Express 2016だけを入れた状態で以下。
・CPU:45%使用
・メモリ:93%使用
・HDD:残り4GB

ちょっと厳しいか。どういった用途に使うんだろう・・・

レンタルサーバー

現状のサーバー(さくらのレンタルサーバー・スタンダード)

現状で大きな不満があるわけではないが、SSLが使えないので今回の移行する経緯になった。
SSL使えるプランは、

結果

最初の問題

・Google検索にてSSLを導入してないと検索結果が下がるらしい。
 →これはそもそも更新頻度が低いしアクセス数も低いので、考えなくてもよいかと開き直りました。

・Bl.ocks.org 等のD3.js系リポジトリから自由にデータを取得できるAPIエンドポイントを作りたい。
 →これはApp Serviceでやってみようと思います。
  このためにVPSを借りるのは現時点ではコストも手間も合わないかなと。
・WordPressの整理をしたい。
・ブログ書くモチベーション上げたい。
 →これはこれで別途やっていかねばと思ってます。
SSL化はいつか対応せねばならぬ時が来るのかもしれないので、
  今はこのサイトを必要としている人は自分しかいないので、URL等破壊的な変更を行ってでもやってみようかなと思ってます。

ひとまず、自分の環境としては以下で進めるつもり。(2017.3.18時点)

・WordPress用サーバー:レンタルサーバー 現状維持か、SSLが使えるところ。
・VPS:使わない
・Azure:APIエンドポイントとしては結構使える。VisualStudio.comと繋げてインテグレーションとかもできるようだが・・・

以下にApp ServiceからJsonデータを取得する画面を作ってみました。

(昔作ったものの焼き直し)

htmlやjsはGISTにおいて、bl.ocks.orgで見れるようにしてます。
データはAzure SQL Databeseに置き、App ServiceからJson形式で取得して画面更新してます。

Azure上に作ったインスタンス
箱根駅伝 2016 出身校マップ

上記をBl.ocks.orgへ置いたバージョン
箱根駅伝 2016 出身校マップ

 

-未分類
-

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

no image

2012年ふりかえり

ふりかえれなかった。  

no image

Azureお試し

3か月お試し期間&2000円のAmazonギフト券につられて登録。 ひとまず登録だけ

no image

Kinect製品版

今までXBOX版でしたが、ようやく製品版を購入しました。 何か変化があるのかも! と期待してましたが、XBOX版との違いはNEARモード以外には見つかりませんでした。 (画質もスピードも変化なし) ま …

no image

windows serverでwordpreeをマルチサイトで使う場合の設定

http://wordpress.stackexchange.com/questions/255187/multisite-installation-on-iis-gives-404-trying-t …

no image

Media Center Pack適用

2台ともMedia Center化完了 ノートではあまり使わない予感がするけどタブレットからだと他PC動画が見れて良さげ。 iPadではこれができなかったからちょっと嬉しい。